コンテンツにスキップ 検索にスキップ

ユーラのスタンダード

持続可能性

品質、革新、そして持続可能性は、高い意識をもって取り組んでいる環境配慮と同じように、企業文化の中核を成すものです。ユーラでは、適切なメンテナンスを行えば長年使い続けられるようにマシンを設計しており、これは、使い捨てという考え方に反対する方針に基づいています。コーヒーマシンは、新鮮な豆から完璧なコーヒーをつくります。コーヒーマシンにより、コーヒーの選択肢が広がるほか、包装の無駄が省かれます。 

ゼロエナジースイッチ

ゼロエナジースイッチは、待機電力を0.1 W以下に削減します。ユーラでは、2013年にスイスで施行される厳格な法定値(最大許容値:0.5W)を遵守しているばかりか、その5倍も上回っています

エナジーセーブモード (E.S.M.©)

ユーラは、省エネ技術の開発について、長年にわたり一貫したポリシーをもち追究してきました。例えば、1994年に発売した最初のインプレッサには、自動スイッチオフ機能が搭載されていました。現在では、好きな方法でコーヒーが楽しめるようにマシンを調整する、独自のエナジーセーブモード (E.S.M.©)を搭載。E.S.M.©には最大40%の省エネ効果があり、起動すると短い加熱時間でアレンジコーヒーをつくることができます。

環境への配慮

妥協のない環境配慮 ― ユーラは、革新を通じて下記を実現します。 

  • 包装の無駄を排除
  • グローバルなサービスネットワーク
  • 耐久性に優れた製品
  • エネルギー効率の高い技術